トップページ > AGA治療関係のコラム > AGAの年齢別発症率

AGAの年齢別発症率

AGA治療関係のコラム

AGAの年齢別発症率

AGAの年齢別発症率

 AGAは思春期を過ぎた20代から発症する可能性があります。早い人では20歳の頃から、髪の毛が少しずつ細く短くなっていきます。

AGAが急増する年齢が40代です。40代から年を重ねるにつれて、発症率は右肩上がりに増え続けます。平均すると、日本人の男性の内、約30%がAGAを発症していると考えられます。

ちなみに、欧米人は約50%の人がAGAを発症します。日本人よりも欧米人の方がハゲが多いんです。

調査結果から、「まだ20歳なんだからハゲるわけがない。」というのは幻想で、20歳でもAGAを発症する人は実際にいるということがわかります。

私は現在20代後半ですが、私は頭頂部から薄くなるタイプなのですが、頭頂部が気になりだしたのは25歳くらいからです。

そこから騙し騙しきましたが、髪の毛が濡れた時にかなりやばい状態になったので、AGA治療に踏み切りました。AGAは進行性の病気なので、放っておくと少しずつ進行していきます。

早期の内に治療をはじめる方が効果が高いので、みなさんももし薄毛やハゲに悩まれていましたら、早めにAGAクリニックを受診することをお勧めいたしますm(_ _)m

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

同カテゴリ「AGA治療関係のコラム」内の他ページ

< ページの一番上へ >
< トップページへ >