トップページ > AGA治療の基本!

AGA治療の基本!

AGAの基礎知識

AGA治療の基本!

 AGA(男性型脱毛症)の原因でも解説しておりますが、AGAは下のイラストのようなしくみで起こります!

AGAの原因

 AGA治療法は、理屈としてはとっても簡単です!

AGA(男性型脱毛症)の原因でも解説しましたように、DHTが男性ホルモンレセプターと結合することで、「髪の毛を造るな~!」という命令をだし脱毛を進行させます。

ということは、DHT(脱毛ホルモン)が生まれないようにすれば「髪の毛を造るな~!」という命令が出せないわけでです。

DHTは、男性ホルモンであるテストロテンが、5α-リダクターゼという酵素によってDHTに変換されるわけですから、5αリダクターゼを阻害してやれば、DHTは生まれなくなります。

つまり、脱毛が進行しなくなるということになります。

AGAの治療の基本は、この5αリダクターゼを阻害するお薬(内服薬)を飲むことから始まります!

AGA治療その1:プロペシア(フィナステリド)

 5αリダクターゼを阻害する成分は、フィナステリドという成分です。

フィナステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、副作用として髪の毛が増えたという報告が相次ぎ、それからAGAの治療薬として転用されています。

フィナステリドは成分の名前ですが、AGAの治療薬としては、フィナステリドが1mg含まれたプロペシアというお薬が処方されます。AGAの第一治療薬として、厚生労働省にも認可されています。

フィナステリドは、5α-リダクターゼを阻害しますので、毎日1錠服用するだけで、テストロテンがDHT(脱毛ホルモン)に変換されることを防ぎ、脱毛が減り、結果的に髪の毛を太く長く成長させることができるのです!

個人で購入できるプロペシアでは、プロペシア・フィンペシア・エフペシアなどの商品ががあります。

AGA治療その2:ミノキシジル

 AGAの人は、「フィナステリドさえ飲んでいれば、必ず髪の毛が生えるのか?」といわれれば必ずしもそうではなく、中には効果がない、又は効果が薄いという人もいらっしゃいます。※ 約90%以上の人は効果がでます。

そういった方には、ミノキシジル5%が含まれた外用薬を、頭皮に直接塗布することで発毛を促します。

日本では大正製薬から発売されている「リアップ」という育毛剤が有名ですが、主成分はこのミノキシジルになります。

個人で購入できるミノキシジル5%では、ロゲイン・カークランドなどの商品があります。

AGA治療その3:それでも効かない(効果が薄い)場合

 フィナステリドとミノキシジルを半年~3年続けてみたけど全く効果がない場合は、ミノキシジルの内服薬を試す方法があります。ミノキシジルは頭皮に塗布する外用薬よりも、内服薬の方が発毛効果が高いです。

ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレットが有名です。

また、フィナステリドをフィナステリドよりも強力なデュタステリドを含む内服薬に変更する方法もあります。

デュタステリドでは、アボダート・デュタスなどがあります。

AGA治療その4:それでもダメなら育毛カクテル

 AGAの専門クリニックでは、飲み薬や塗り薬で効果がみられない場合は、育毛カクテルを頭皮に直接注入するという方法があります。

育毛カクテルというのは、ミノキシジルやフィナステリドの他に、発毛成長因子・髪に必要な栄養成分(アミノ酸・システイン・各種ビタミンなど)を頭皮に直接注射器で注入する方法です。

費用は数万円~数十万円かかりますが、今のところ育毛カクテルが自毛を発毛させる最強の方法です。

AGAの必須アイテム!

現在、日本全国にはたくさんのAGAクリニックがありますが、最近ではより利用者目線に立ちオンライン診察も可能なクリニックがでてきました。【AGAヘアクリニック】は診察料はずっと0円、テレビ電話によるオンライン診察、利用者の希望によるお薬処方など、極力手間と無駄を省いたAGAクリニックです。

私は必須のプロペシアに加えて頭皮にミノキシジル(ロゲイン5%)を使用しておりましたが、特有の副作用に悩まされ効果も薄かったので、こちらのチャップアップ(CHAPUP)に変えてから副作用が全くなく快適に毎日使用しています!詳しくはこちら ⇒ 「私がミノキシジル(リアップやロゲイン)からチャップアップに変えた理由。

< ページの一番上へ >
< トップページへ >